投稿

ペンちゃん便り 11月号

こんにちは
会員の皆様、いつもお世話になっております。

秋も深まって鍋が美味しく感じる季節になり、
週5日は鍋の1号です。
おかげさまで体重もキープできています。


さて、先月は台風19号が各地で甚大な被害をもたらしました。
千葉や福島、宮城県南部など、まだ復興されていないのが現状です。
私の知人、友人、親戚も被害に遭い、とても他人事とは思えませんでした。
本当に自然災害の恐ろしさを改めて実感し、
今の当り前の生活に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

被害に見舞われた方々の1日でも早い復興をお祈り申し上げます。

ところで、
10月14日にお客様からご招待券をいただき
川内萩ホールで行われたコンサートに行ってきました。
コンサートなんて何年ぶりでしょう!

50名以上での男女混合コーラスコンサート
合唱団の皆さんは私よりも年上の方ばかりでしたが、
声量といい、声の艶といいプロ顔負けの歌唱力
すばらしかったです。
歌で感動する事なんて久々でした。

これを歌う為の練習を想像すると、
すごい努力が必要だろうなぁと思いながら聴いていました。


実はその合唱団の中にお客様ご夫婦がおられて、
年を重ねてもご夫婦で同じ趣味があって、
コンサートまで出来ることを羨ましく思う1号でした。

嫁さんゴルフしてくれないかなぁ~!


最後に
ラグビーワールドカップ優勝国当てクイズ、皆さんいかがでしたか?

南アフリカと記入して投票したお客様、おめでとうございます。

2店合計128通の投票中、
10名様的中でした。

抽選の結果は、各店にて発表しております。
是非お店で確認してくださいね。


ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~

イメージ
10月、
吹く風や虫の声、空の色、雲の形などに秋の気配が感じられるようになりましたが、
台風の影響もあって季節外れの暑さが続いております。

暑い夏が終わり、季節が秋へと変わるこの時期は、急激な血圧の上昇に注意が必要です。

季節と血圧は直接関係がないようにも思えますが、
一般的に血圧は夏に下がり、冬に上がります。

特に季節の変わり目は自立神経が乱れやすく血圧の変動が大きいといわれ、
体調不良に悩まされる人もいます。

高血圧の怖いところは、ほとんど自覚症状がないため、
きちんと治療を受けていない人が多い点です。

ある調査では、高血圧有病者数の約6割しか治療を受けておらず、
さらにその内の半数は十分な降圧が行えていないという結果があります。

高血圧であるにもかかわらず、治療を開始しなかったり、
そのまま様子をみたり放置してしまうと、
心血管疾患や、腎臓病の発症率が上がるという報告があり、命に関わることもあります。どのくらい血圧をさげればいいのかというと、
高血圧の基準は
診察室血圧で、上が140、下が90です。
家庭血圧で、上が135、下が85です。

今年の4月に5年ぶりに高血圧ガイドラインが改訂され、
合併症のない
75歳以下の降圧目標は130/80未満、
75歳以上の高齢者は140/90未満と、
それぞれ強化されています。

血圧を測った時に高いようであれば、早め早めにご相談ください。

食事や運動のほか、漢方薬、循環元などのサプリメントの活用も効果的です。

今月の漢方教室季節の変わり目の養生法 夏バテが残る季節です。
欠食や食事量が低下していませんか?
健康といえば、食、運動、睡眠といいますが、今はストレスも入れて、
「健康の4つの大きな要因です」

その中でも、「食べること」は基本になります。

医療の現場では、食事ができなくなると、こんな方法で栄養を補給します。
1)点滴で栄養を補給する方法(中心静脈栄養)
口からの食事ができない、意識がない人などです。
2)胃に穴を開けてチューブで栄養を送る方法(胃瘻)
口からの栄養補給が難しく、意識はあっても寝たきりの人。
   今後の回復が難しい人などです。
3)鼻から管を入れて栄養を補給する方法(経管栄養)
口からの栄養補給が難しく、意識はあっても寝たきりの人。
   今後回復の可能性がある人などです。
4)口から消化の良い食物を食べる。

1)の方法…

ペンちゃん便り 10月号

イメージ
食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋 等々
皆様はどんな秋を楽しんでますか?


私はスポーツの秋を楽しんでます。
9月には大好きなゴルフで所属クラブの月例競技会で優勝しました。
運も良かったと思います。



さて、ラグビーワールドカップですが、日本代表、頑張ってますね。
特に世界ランク2位のアイルランド戦は鳥肌モノでした。
サモア戦も最後まで諦めずにプレーして勝点5を獲得、
本当に感動してテレビの前で
「ガッツポーズ」
涙腺うるうるです。

試合ごとに色々な選手がヒーローになり、
日本代表が一つになり頑張っている姿は、
人々を感動させて、心を一つにしてくれたと思います。
ラグビー日本代表「ありがとう」

そこで、ラグビーワールドカップ優勝国予想クイズをやります。

詳しくは今月の封筒の中に応募用紙を
同封しておりますのでご覧ください。
たくさんのご応募お待ちしております。





最後にもう一泣き!

孫の幼稚園の運動会で、年長クラスの孫は最後の運動会です。
ダンスにかけっこ等、頑張って無事やっていました。
最終プログラムは年長クラス対抗リレーで、
全員参加になっているので、もちろん孫も参加します。
情報では練習の時は一度も孫のチームは勝った事がなく、
本人や娘たち、私も負けるだろうと思っていました。
案の定、途中で逆転されましたが、最後の最後に再逆転勝利!


まるでオリンピックのリレーのような大興奮で感極まって涙腺崩壊。
孫や娘たち、妻に見られるのが恥ずかしいので
園庭の外へ逃げるように移動した1号でした。
あー感動して、良かった。


ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~夏の低栄養に要注意~

イメージ
9月は夏の疲れも出て1年で一番疲れやすい月ともいわれています。
夏バテなさっていらっしゃいませんか?

今年の夏は昨年の猛暑が続いた夏と比べると、楽だったと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。
8月下旬には秋雨前線の影響で気温が下がり過ごしやすくなりました。
熱帯夜からも解放されて、夜もよく眠れるようになりました。

一方で、夏の疲れが出て、だるくてどうしようもないという方もいらっしゃいます。
夏の疲れ、だるさにはアミノ酸補中益気湯がお奨めです。

また、熱中症や脱水予防で水分を過剰に飲んでしまったり、湿度の高い日が多いため、湿の影響を受けて、重だるさや眠気がつよく、気がつくといつの間にか眠ってしまっているという方も多くみられます。
こちらは身体の中に余分な湿を抱えていることが原因です。

もし、食欲不振や腹痛、軟便下痢などの胃腸症状もある場合は、藿香正気散六君子湯参苓白朮散などが宜しいでしょう。

むくみや吐き気などがある場合は、五苓散胃苓湯紫苓湯が効果的です。

10月1日から消費税率が変更されることに伴って軽減税率なるものが発生し、
その処理方法などに悩まされている方も多いようです。
こちらは脳疲労になりますので、プラズマローゲンローヤルゼリーがお奨めです。

症状に合わせてご紹介しますので、ご相談ください。

今月の漢方教室夏の低栄養に要注意○夏のだるさはどうして起こるの?
・暑さが原因
暑さによって多量に汗をかくため、水分補給しようと水分を摂りすぎ、胃液が薄まって胃の機能が低下します。
また暑さで夜眠れなくなると睡眠不足に陥り、疲労感がたまります。

・冷房が原因
冷房の効きすぎによる身体の冷え、さらに外気との大きな温度差に身体がついていけなくなり、自律神経が失調状態になり、だるさが起こります。

○だるさや疲労感のメカニズムは?
夏場のだるさや疲労感の原因には、
胃腸の機能低下による栄養不足や
糖質の摂りすぎによるビタミン不足
のほかに次のようなものがあります。

・多量の汗をかくと、血管内の水分が減って「血管内脱水」が起こります
すると血液の濃度が高まり、血液がドロドロの状態になり、
スムーズに全身を循環できなくなって老廃物がたまります。

暑さによって多量の汗をかく

血管内脱水が起こり、水分が減って血液がドロドロに

血液が円滑に全身を回らない

だるい



・…

ペンちゃん便り 9月号

イメージ
夏といえば甲子園
今年も東北勢は頑張りましたが、優勝旗はまたおあずけでしたね。
高校球児のひたむきなプレーは本当に素晴らしく感動します。
青春時代を思い出しながら、夜「熱闘甲子園」を見ながら泪活していた1号です。




また、ゴルフ界では全英女子オープンで20才の渋野向日子さんが日本人2人目42年ぶりにメジャー優勝しました。
午前3時頃まで起きていて、優勝の瞬間を見れたのは最高でした。
本当にステキな笑顔とあの度胸はすごい!
おめでとうございます。
感動をありがとう。
これからの活躍を期待します。



さて、この頃のご相談でも増えてきましたが、
朝起きて口が苦いのはお酒の飲み過ぎですよ。
漢方で肝のトラブルの場合、「苦い」がポイントです。
お酒以外の原因として、
・不安
・ストレス
・過労
・睡眠不足
・脂っこい物や糖質のとり過ぎ
でも、朝、口が苦い、ねばりがおきます。

胃腸の働きが弱っていますので、香味野菜や柑橘類がオススメです。

それから、秋が深まると肺の乾燥が気になりますが、
食材としては、水分を多く含んだ梨やぶどうがオススメで
野菜は、レンコンやぎんなんが肺に良いですので積極的に食べてください。

疲れたり落ち込んだら10分でも早く寝るのが一番の養生です。

ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~夏バテに負けない体づくり~

イメージ
8月
今年は梅雨が長く続き、
特に関東や東北地方では梅雨寒で低温と日照不足が心配されたほどでした。
ところが、梅雨明けからは連日、本当に厳しい猛暑が続き、
去年の記録的な猛暑を思い起こさせる危険な暑さとなっております。

まだ体が暑さに慣れていないうちに、猛暑となってしまったために、
7月下旬から夏バテや夏かぜなどの体調不良の方が非常に多く見られます。

厳しい夏を元気に過ごすためには、
・胃腸の調子を整え、必要な栄養をきちんと摂ること。
・十分な睡眠をとること。
・エアコンで冷えた身体を温めること。
が大切です。

朝から夜まで暑いのですから、エアコンなしでは熱中症の危険があります。
一方で、一日中エアコンの効いた涼しい所で過ごすことで、こんなに暑いのに身体は冷えている方が非常に多いのです。
適切に冷房を使いながら、火を通した温かいものを召し上がってお腹の中から温めてください。

この時期に冷たい物を飲食してお腹の調子を崩してしまいますと、消化吸収する力が衰えて、栄養が取れず、疲労が積み重なって一気に夏バテしてしまいます。

またこの暑さで消耗してしまった体力を補うために、当店では「ビイレバー」のお湯割りをお奨めいたしております。
アミノ酸製剤で、お湯割りすることによって弱った胃腸にも優しく吸収されやすくなります。

私はこの厳しい夏を乗り切るために、
毎朝欠かさずにビイレバーのお湯割りを飲んでいるおかげで元気いっぱいです。
皆さんも是非お試しください。



今月の漢方教室夏バテに負けない体づくり
暑さが厳しい季節です。
現代では冷蔵庫やエアコンが一般家庭にも普及していますが、
50%以上普及しだしたのは、
○冷蔵庫 昭和40年
○エアコン 昭和58年頃
といわれています。
それまでは食事によって夏負けしないようにしていました。

夏の滋養といえばうなぎをイメージしますが、
うなぎの旬は実は冬です。
しかし夏の暑さ対策で良質なタンパク質こそ
夏バテから身体を守ることを実感していたようです。




また、甘酒は江戸時代には夏の滋養強壮剤でした。
甘酒にはブドウ糖が20%以上、ビタミン類が豊富に含まれ、さらに天然の必須アミノ酸をもっとも多く含む発酵飲料で、夏バテ防止には適した滋養剤です。




暑いからといってすぐ身体を冷やそうとする行為は、
かえって夏バテを促進してしまいます。
自分の身体で調整でき…

ペンちゃん便り 8月号

イメージ
暑中お見舞い申し上げます。



7月の世界水泳、瀬戸大地選手すごかったですね。
まさに有言実行の金メダル2つ獲得
すばらしい。

また、外国の選手が表彰式で白血病で闘病治療中の池江選手に
エールを送った事も感動的でした。
「NEVER GIVEUP RIKAKO」


さて、皆様はどんなお盆をお過ごしですか?
旅行?
家でゴロゴロ休息?
お墓参り
…など
私は毎年、自分の家と両親どちらかの実家のお墓参りに行ってます。

今年は父の実家(岩手)と自分の家のお墓参りする予定です。

子供の頃からご先祖様を大切にする気持ちを両親から教えられた為か、
年に4~5回はお墓参りと墓そうじをしています。
拝むとご先祖様がいたお陰で今の自分がいると思えて、感謝の想いが深まります。
ストレスいっぱいで不安や悩みが多いときにお墓参りに行くと心が落ち着きスーッと楽になるのを感じます。

ですから、迷ったり、悩んだらお墓参り墓そうじ、これおすすめです。
ちなみに私は信心深くもなく、信仰心もないですよ!
今年は孫のトモ君と一緒に父の実家のお墓参りに行く予定です。
トモ君もお墓参り好きになるといいなぁ~

ペンちゃん1号