投稿

ペンちゃん便り 6月号

こんにちは!

6月1日に孫(トモ君)の小学校の入学式が行われました。
学校の先生方には本当に感謝です。
いつもは見せない孫のよそ行きの顔がかわいく、大人になったなぁと感じさせます。


私とは違い、食が細いタイプでしたが、
コロナの影響で外で遊ぶ回数が減ったため
ムチムチになり(私に似てきたかも)、
3か月前位に買った、
子供用ブレザーやハーフパンツも
少しきつくなり、
本当に借りものの服みたいでした。



小学校で友達たくさん作って、
色々体験して成長していく姿を楽しみに見守っていきたい私です。

さて、昨今新しい生活スタイルの一つとして、
リモート等のデジタル化が一気に進みました。

私は機械系は苦手ですが、必要性を感じて、
ZOOM(ズーム)を使ってのモニター越しのセミナーや会議を何度か経験しました。


一言で言うと「とても便利」
実際に会えていないのでライブ感は少なく、
発言のタイミングなども違和感はありますが、
時間や移動の手間が省けて助かりました。

そこで当社でもLINE(ライン)ZOOM(ズーム)を活用しての
オンライン相談セミナーの準備を進めております。

そのうち会員の皆様ともテレビ電話等でつながる事ができると思います。
その時は、よろしくお願い申し上げます。


ペンちゃん1号

ペンちゃん便り 5月号

イメージ
東日本大震災の時もそうでしたが、
今回のコロナウィルスでも普段の当たり前の生活がとてもありがたく思います。



皆さんも同様に感じている方が多いと思いますが、
外食したり
旅行したり
趣味をやったり(私の場合はゴルフ)
 …
1~2ヶ月前まで当たり前に出来ていたことが自粛で出来なくなると
ストレスがたまったり、不安になったりします。
しかも、いつまでなのか先が見えません。

なので、今までの日常がよりありがたく感じます。

健康も同じです。

今、元気で働いている当たり前の状態も、
あなたの肝臓、心臓、…脳、手、足、…が働いてくれているからです。


それは、皆さんが日頃、食養生を守ったり、色々気をつけて生活して、
ご自分に合った医薬品やサプリメントを服用しているからだと思います。
つまり、毎日のちょっとした習慣が健康を支えています。

ですが、ご自分の身体にも感謝してくださいね。

今回のコロナウィルスも
毎日のちょっとした習慣が、ご自分や大切な人を守ることになります。

私がとても重要だと考えるのが手洗いです。


流水だけでも15秒でウィルス感染のリスクが、約1/100になり、
石鹸を使い手首までもみ洗い20秒した後に流水で15秒洗うと、約1/1,000に、
それを2回繰り返すと、約1/100,000になり、ほぼ消滅する
という研究機関のデータも出ています。

皆さんも「三密」をさけて、とにかく手洗いしてくださいね。

ペンちゃん1号

ペンちゃん便り 3月号

イメージ
新型コロナウイルスの感染が拡大しておりますが、皆様はお元気ですか?

当店会員の方々は予防意識も高いので大丈夫だと思いますが、
念のため、手洗いうがいはしっかりと、
帰宅時や食事前に石けんで手を洗い、できればアルコール消毒をすると良いでしょう。



意外におろそかになりがちなのがうがいです。
うがいもしっかりしておきましょう。

孫のトモ君は手洗いうがいはしっかりと毎日やっています。
幼稚園の先生ありがとうございます。

それから感染予防におけるマスク着用の効果はあまり認められておりません。
しかし、マスクは
咳・くしゃみ等によるウイルスが飛散するのを防ぐ効果が高い
とされています。
咳やくしゃみ等の症状がある場合には積極的にマスクを着用して
感染拡大の防止に努めてください。

マスクがない場合は、ティッシュやハンカチ、袖の内側などを使って
飛沫を防いでください。
決して咳やくしゃみは手で押さえないでくださいね。

一番大切なのが、普段の健康管理です。
新型コロナに限らず、あらゆる感染症は
免疫力が低下している時にかかりやすくなります。

免疫力を向上させるには、
普段から【バランスのよい食事】と【十分な睡眠】を心がけることが重要です。



ちなみに当店のお客さまですと、
「ベータグルカン」
「アルベックス」
「ルミンA」
「サメミロン」
「リナイムノ液」
「霊黄参」
等を普段から服用されている方や
「ワタナベオイスター」
「リナイムノ粒」
を1年以上愛飲されている方は、
普通の方と比べると免疫力がとても高いと思われます。

それでも新型コロナは、特に血液に関する基礎疾患
(高血圧、心臓病、糖尿病など)
のある方は重症化しやすいので十分注意してください。

ペンちゃん1号

ペンちゃん便り 2月号

イメージ
新年早々のゴルフで、すばらしいスコアが出て今年は先行きがいいと思っている1号です。

今月はバレンタインデーがありますね。
昨年は1コでした。
今年はなんとか昨年超えを狙っております。
ところでバレンタインデーって世界ではどんな感じなのか調べてみました。




日本では女性が好きな男性にチョコを贈って
告白する日となってますが、
実際は義理チョコや自分チョコがほとんどのようです。
また男性は貰ったもの以上のものを
ホワイトデーにお返しするので、
高級チョコを貰う事がプレッシャーになる方が
多いようです。


アメリカではチョコではなく花束が
重要なアイテムになっていて、
日々の感謝を伝え合う日でもあります。
アメリカは学校行事で花束やチョコを
男女関係なくプレゼント交換し、
高校では学校で花束やチョコを購入すると
寄付金になるシステムの学校もあります。
素敵ですね。



イギリスもアメリカと同様ですが、
バレンタインカードも大切なアイテムです。
女性はまるでX'masカードを並べるように
バレンタインカードをキレイに飾るようです。





台湾では2/14の他にも旧暦の7/7もバレンタインと同じイベントが存在します。
男性から女性にバラの花束を贈るのが一般的です。
台湾の男性は年に2回もチャンスがあるみたいですね。
羨ましい!



因みに、インドやイスラム圏では宗教上の理由でバレンタインは禁じられています。
世界各国、様々ですね。
私はチョコが大好きで、食べ過ぎちゃうので買わないようにしています。(笑)


《最後にお知らせ》です。
働き方改革として当社も3月1日より毎週日曜日を定休日とさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけするかと思いますが、
その分、今まで以上にお役に立てますよう頑張って参ります。

何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~究極の健康法「食養生」~

イメージ
あけましておめでとうございます。
令和最初のお正月、新たな一年がスタートしました。
今年もお健やかに日々をお過ごしになれますよう漢方の知恵を暮らしに活かしましょう。

お陰様で銀座店は今年40周年を迎えます。


漢方に魅せられ、
漢方を志し、
漢方を愛したこの40年の間には

楽しいこと、嬉しいこともたくさんありました。
つらいこと、悔しいこと、悲しいこともありました。
涙したことも幾度となくありました。

一つひとつの出来事が、
お一人おひとりとの出逢いが、
かけがえのないものとなって今に繋がっております。

開店以来継続していらしてくださっているお客様もいらっしゃいます。
何年かぶり、中には10年ぶり、20年ぶりに
思い出してお見えになられる方もいらっしゃいます。
本当に有難いことと思っております。

お客様をはじめメーカーさん、問屋さん、配送業者さんなどの取引先様、
数多くのスタッフなど本当に数えきれない多くの方々に支えられて
今年を迎えられましたことを幸せに感じております。 


心より感謝いたします。
ありがとうございます。

困ったことがあったら言ってください。
苦しいことがあったら話してください。
楽しいことがあったら聞かせてください。



銀座の片隅で、
「一隅を照らす」ことができますよう
これからも一人でも多くのご縁のある方々に寄り添ってお役に立てますよう、
精進して参ります。

今月の漢方教室究極の健康法「食養生」
○「病気」とは体からの警告反応 「病気」とは現在の生活が自分の体質に合っていないという、いわば“警告反応”です。
病気になるとみなさん薬を飲みます。
多くの方が薬さえ飲んでいれば病気は治るものだと思っています。
そして、今まで通りの生活を続けます。

冷たいものや脂ものをたくさん飲食する。
お菓子ばかり食べる。
酒を飲む。
夜更しはするし、運動はしない…。

これでは治らないばかりか、どんどん病気は悪くなってしまいます。

自分の体は、現在食べている食べ物によって作られています。
体に合った良い食べ物を食べれば、良い、丈夫な体が作られるし、
体に合わない悪い物ばっかり食べていると、ますます悪い、弱い体になっていきます。

例えば、
脳も体の一部ですので、食習慣が頭の良し悪しにまで影響を与えてしまうのです。

○体質に合わせた食べ物をとる「食養生」 東洋医学には、生まれつき…

ペンちゃん便り 1月号

イメージ
あけましておめでとうございます。 皆様にとって明るく健康で楽しい一年でありますように 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年の個人的イベントは孫の小学校入学です。


ついこのあいだまで、
ヨチヨチ歩きだった孫が
ランドセル背負って学校に行くなんて、
本当にあっという間でびっくりです。




孫の将来なりたいものは「警察官」と言ってます。

「悪い人を捕まえて、牢屋に入れる。
そして、みんなを守る」

とまじめな顔で話してくれました。
ヒーローものの影響大かな?

私はというと、
こう見えても小学校1~2年生時の知能指数テストで、スゴイ点数をとり、
学校から間違いかもと思われ、学年で私だけもう一度テストを受けた記憶があります。

その時は父も学校によばれ「神童かも」と言ってましたが、
高校受験時には父から「玉磨かざれば光なし」と言われ、
自分に超甘い私は結局ただの人になったという事です。(_ _ |||)

やはり努力って大事ですね。
気がついたのは40歳過ぎでした。

孫も元気いっぱいで健康に過ごし、
少しでも世の中のお役に立ってくれればと思う1号です。



また、東京オリンピックですが、前回は1才でしたので記憶にありませんが、
2020東京オリンピックは日本選手の活躍に期待がふくらみます。
個人的には野球、ゴルフ、バトミントン等がきになりますね。



ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~健康寿命を伸ばすために~

イメージ
12月、
冬の空気は乾燥しやすく肌もかさつく季節となりました。

特に室内では暖房器具の使用により湿度が下がり、
皮膚や粘膜あるいは呼気から気づかぬうちに身体の水分が失われていきます。
また、冬場は夏場に比べて汗をかくことが少ないため、
積極的に水分補給することが少なくなり、水分不足になる可能性があります。
さらに身体の水分は夜寝ている間にも失われているため、
寒いからと暖房器具をつけたまま寝ていると、
脱水症状を引き起こしてしまう恐れもあります。



脱水症状になると
・手先などの皮膚がカサカサする
・口の中が粘る
・身体がだるくやる気や活力が低下する
などの症状や、
ひどい時にはめまいや立ちくらみが起こります。


軽度の脱水を放置していると、
血管や内臓、脳などを正常に動かすために必要な酸素や栄養素が行き渡らず、
思わぬ病気につながる恐れや命に関わる場合もあります。

脱水状態になると、
手の甲をつまんで離し元の状態に戻るまで三秒以上かかるか、
爪を圧して爪の色が白からピンク色に戻るまで三秒以上かかります。
時々自分でチェックするようにしましょう。

脱水を予防するには、
室内の湿度を50から60%前後に保つように加湿器を使用したり、
濡れタオルを干したりして、室内が乾燥しないように心がけましょう。
のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給を行い、
寝る前にはコップ一杯の水分を摂りましょう。

年の瀬を迎え、何かと慌ただしい毎日をお過ごしのことと思いますが、
お健やかに穏やかな新年を迎えられますよう心よりお祈りいたしております。

今年も一年間 ありがとうございます。


今月の漢方教室健康寿命を伸ばすために

○介護されない生活を送るために
1963年には100歳以上人口は153人だったのが、
2017年には6万8千人迫る勢いで増加しています。

しかし大事なのは、長く生きることよりも
死ぬまでトイレに一人で行けるなど、介護されない生活をすることが重要です。
フレイルやサルコペニア、認知症など、
健康寿命を延ばすためのキーポイントをお伝えします。




○フレイル
虚弱(FRAILTY)→フレイルとは、
加齢とともに筋力や認知機能などが低下し、
生活機能障害・要介護状態になり、
死亡などの危険性が高くなった状態(虚弱)のことです。

フレイルの要因には、
・運動機能の低下や低栄養などの「身体面」
・認知症やう…