投稿

ペンちゃん便り 7月号

健康診断の結果が気になり、ドキドキしている1号菅原です。







さて、数名のお客様からは声をかけられましたので、
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
私は新商品を活用したダイエットプログラム「抗老化ダイエット」の人体実験中です。

当社のポリシーである
「自分なら服む、自分の身内にも服ませたいもの、製品しかおすすめしません」 を実行するために約10年ぶり、久々にダイエットしてます。

「抗老化ダイエット」はカロリー制限なし、運動もなし、
ですので無理なく続けられそうです。

4月中旬から始めて約2ヶ月で
・体重   78.2kg ⇒ 70.8kg (-7.4kg
・ウエスト 94.5cmが-6.5cm
・体脂肪  28.4%が-3.9%
という途中経過です。

肥満の三大原因は
1)代謝の低下
2)脂肪の原料となる食べ物(多くは糖質)の食べすぎ
3)無理なダイエットによるリバウンドの誘発
です。

特に「3」のリバウンドでいうと(私も経験してます)男女差はありますが、
1ヶ月の減量値が体重の
・3~4%までならOKですが
・5%以上減量するとリバウンドのリスクが高くなり
・7%以上減量するとほとんどの方がリバウンドします。
(スポーツジム、医療機関等データ)

私も以前、1ヶ月で8kg以上減量で、10%を越えるダイエットをした時は、
やめたら10kg以上リバウンドしました。

今回も少し急ぎ過ぎ傾向にある私ですが、無理なく若返りながら
「抗老化ダイエット」続けますので、温かく見守ってくださいね。


p.s.
先日、孫のトモ君と入浴した時のトモ君の一言
「ジジのお腹、すごくしぼんだね」
と言われました。


私のお腹がぼっこりしていたので風船でも入っていると思っていたのかなぁ??


ペンちゃん1号




こころとからだに自然の力 ~糖尿病~

イメージ
6月、
雨の季節を迎え、あじさいがしっとりと咲いています。
湿度が高く、身体も重く感じてしまいますね。




今月は肥満を解消し、糖尿病についてのお話です。
自覚症状がないにも関わらず、放っておけば命も奪いかねない糖尿病。
糖尿病は血糖値が高くなる病気です。
食事をした後、食べ物は腸から吸収されます。
そのうち糖質はブドウ糖に分解され、全身の細胞に運ばれエネルギーとして利用されます。
体内では膵臓からインスリンが分泌され、ブドウ糖が細胞に入っていくのを助けます。
インスリンが不足したり、働きが悪くなると、ブドウ糖が細胞に入りにくくなります。
利用されにくくなったブドウ糖は血液中にたまり、血糖値が高くなります。
これが糖尿病です。




日本では成人の五人に一人がこの病気に罹っているといわれます。
知らない間に病気が進行すれば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、さらに動脈硬化を引き起こします。

糖尿病には
一型(体内でインスリンを作ることができないインスリン依存型)
二型(何らかの原因でインスリンがうまく作用しないインスリン非依存型)
があります。

日本人の糖尿病のほとんどが二型糖尿病です。
この二型の場合、多くは肥満または過去に肥満だったことがあり、それにさまざまな要因が加わって糖尿病を発症します。

糖尿病の予防や改善で第一に大切なことは食事と運動です。
食べすぎないことはもちろんですが、
・野菜から食べるようにする
・よくかんでゆっくり食べる
・タンパク質をしっかり摂る
・果物やお菓子、ご飯やパンなどの炭水化物を控えめにする

食後1~2時間後に、30分程度のウォーキング(有酸素運動)をするのが効果的です。
食べたら歩く習慣をつけましょう。



今月の漢方教室サイレントキラー 糖尿病
糖尿病は初期のうちは症状がなく、ごく普通の健康な人と変わりなく見えます。
これが糖尿病が「静かな殺人者(サイレントキラー)」と呼ばれる理由です。








Q:どのような状態を糖尿病というかご存知ですか?
A:血液中のブドウ糖をエネルギーとして使うためには、膵臓から出るインスリンが必要です。 しかし、何らかの原因でインスリンの出が悪くなったり、働きが悪くなると、ブドウ糖は血液中にたまるようになります。この状態が糖尿病です。

Q:糖尿病になる原因をご存知ですか?
A:まず、ご家族や親戚で糖尿病の人がいるかどうかといった体質の遺…

ペンちゃん便り 6月号

イメージ
いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。

先日、交通事故について書きましたが、本当に多いですね。
(但し宮城県は今年に入ってからの事故、死傷者数は前年の半分以下になっているとTVで見ました)


宮城県民はマナーが良いのかもしれませんね。
ですが、皆様、くれぐれも気をつけてください。


さて先月、取引先様のゴルフツアーに初参加してきました。
と言いますのも、世界ゴルフ100選になった「川奈ゴルフ」という
ゴルフ好きなら一度は行ってみたいと思う名門ゴルフ場が行き先でしたので
参加してきました。

静岡県熱海温泉から20キロ位の海沿いにあるリゾートゴルフ場で
川奈ホテルの敷地内に
・大島コース
・富士コース
の2コースあります。

1泊2日で両コースともプレイしてきました。
特に富士コースはプロのトーナメントコースにもなっていて
日本一むずかしいグリーンとして有名なコースです。

天気も良かったので、本当にすばらしいロケーションでプレイできて最高でした。
海に向かって打つホールもあり、芝も絨毯のようにふかふかで風もさわやか!
自分のスコアはダメでしたが、一番の思い出は
バーディ(規定より1打良い事)をロングホールでとれた事です。

その時の証明書も記念にもらってきました。



リフレッシュしてきましたので、6月は皆様の為に頑張りますね。

ペンちゃん1号


こころとからだに自然の力 ~体脂肪を減らしたい~

イメージ
5月、桜のあとハナミズキやコデマリ、つつじなどの花々が色とりどりに咲きほこり、
新緑が風にゆれキラキラと輝いています。
1年で一番爽やかな季節です。
気持ちも浮き立ってまいりますね。
せっかく心地よい季節ですから、身体も軽やかになって楽しく活動的に過ごしたいものです。

今月はダイエットのお話です。肥満は健康に悪いというのは常識ですね。
腰椎症や変形性関節症などの整形外科疾患の多くは、関節が強くなるわけではないのですから、体重50kgの人と90kgの人、どちらが関節に負荷をかけているかは考えるまでもありません。
肥満はそれだけリスクがあるのですから、自分自身で肥満度をチェックして、肥満だった場合は、ダイエットをして基準値内の体重を目指しましょう。

世の中には様々なダイエット法があります。
自分に合った最適な方法で無理なくダイエットできると良いですね。
ダイエットしたい、しなくちゃとは思いつつも、食事制限はつらいし、運動する時間はなかなか取れなくて続かないという方に朗報です。
毎日たった3粒で体脂肪・内臓脂肪・皮下脂肪を減らせます。
という夢のような機能性表示食品が新発売されました。
当店のスタッフも続々始めていて楽しみです。



今月の漢方教室体脂肪を減らしたい方に 「健康のために肥満を解消しましょう。ダイエットしましょう!」と言われても、
一体どのくらいダイエットすれば良いかわからないという方も多いと思います。
過度なダイエットで貧血になってしまったり、
拒食や過食といった摂食障害を起こしてしまっては健康維持になりません。

◯肥満かどうかの判断法は? 最近の判定の主流は体格の指標「BMI(Body Mass Index)」です。
体重(kg)÷「身長(m)×身長(m)」で、計算した値を「やせ~肥満」まで6段階で判定します。
BMIが18.5~25未満だと普通体重で基準値内に入るということです。
特に「BMI値=22」が最も病気が発生しにくい標準値とされます。
この22という数字は疫学調査で最も健康上の問題が少ない指数とされ、上下15%程度が標準の範囲となります。

日本肥満学会による基準値はこちらです。
18.5未満低体重
18.5~25未満普通体重
25~30未満肥満(1度)
30~35未満肥満(2度)
35~40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)

体重別のBMI=22の…

ペンちゃん便り  5月号

イメージ
いかがお過ごしですか。
新元号「令和」になりましたね。

その意味するところは

「人々が美しく心寄せ合う中で文化が生まれ育つ」 また、
「一人ひとりの日本人が明日への希望と共に それぞれの花を大きく咲かせることができる、 そうした日本でありたい」
との思いも込められているとの事です。

本当にすばらしい時代になることを期待します。
そして、皆様が笑顔で元気に過ごせますように、
ペンギン薬局は心と身体の健康を通じて、貢献していきます。
これからも宜しくお願いいたします。

ところで、この頃交通事故が全国的に増えていますね。

私も通勤で1時間以上運転しますが、
年を追うごとに安全運転に対する意識が高くなってきました。

今思うと、若い頃は酷い運転をしていたなぁと反省してます。
この頃は自分が交通ルールを守っていても被害者になる
もらい事故も増えてると思います。

・ドライバーの高齢化
・ストレス社会故のマナーの低下
 (あおり運転、歩きスマホ)など
・視力や視野の低下
 (眼精疲労のため)など
他にも色々考えられいますが、
いずれにせよ被害者にも加害者にもならないようにしたいですね。

雑誌やテレビなどでは、被害者やその家族の気持ちが多く伝えられますが、
加害者やその家族の立場で考えてもとても辛く感じ悲しくなります。



早く技術が進歩してAIによる自動運転の時代になり、
交通事故ゼロの世の中になると良いですね。
それまで安全運転でガンバります。



ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~骨粗鬆症 予防のポイント~

イメージ
4月、寒い冬が過ぎ、春がやってきました。
春先は寒暖差が激しく、環境の変化も大きい事から、身体への負担が大きい時期です。

季節ごとに弱ってしまう臓器があることをご存知ですか?
春は「肝」の季節ともいわれております。
東洋医学では春は新陳代謝がもっとも活発になる季節といわれ、冬に溜まった老廃物を一気に出します。
このような身体活動と深く関わる臓器が「肝」なのです。



春の五大症状として
◯ストレス
環境の変化から、自立神経が乱れ、ストレスを感じやすくなります
◯アレルギー症状
免疫力の低下から、花粉症に代表されるアレルギー疾患にかかりやすくなります
◯目の疲れ
東洋医学では目はとのつながりが強く、が弱ると目に症状が出やすいとされています
◯倦怠感
身体活動が活発になる春先は、身体にかかる負担も大きく、疲労を感じやすくなります
◯胃腸症状
は消化を助ける働きもあり、肝機能の低下は食欲不審などの胃腸症状につながります

充分な栄養が必要な時期だからこそ、しっかり身体に栄養をチャージして、スタートの季節を元気に過ごしましょう。

当店おすすめの天然アミノ酸で春の健康対策。
元気のキーワードは「毎日の健康貯金」です。


今月の漢方教室骨粗鬆症 予防のポイント骨粗鬆症の症状は、骨に鬆(す)が入り、脆くなり、骨折しやすく、背が縮み、腰が曲がる。
初めの頃に、背中が痛んだり、背中の筋肉がけいれんしたり、体をねじる力が弱くなったりします。
骨粗鬆症の原因としては、カルシウムの摂取不足が第一の原因で、次にビタミンD不足(日に当たらない)、ジャンクフード、塩分の取りすぎなども一因となります。
骨粗鬆症といえば高齢者がかかるイメージがあるため、予防も、高齢者になってからと思われるかもしれません。

しかし、骨の強度のもととなる骨量は20歳前後をピークに少しずつ減少していくため、実際は、それまでにどれだけ骨量を増やせるか、それ以降にどれだけ骨量の減少を穏やかにするかが、予防のポイントになります。


◯年代別の予防ポイント【20歳前後まで】
子供の頃に運動をしないと、その後の人生で最も影響がおよぶ臓器のひとつが「骨」です。
では古くなった組織を壊す「破骨細胞」と、新たに形成する「骨芽細胞」が活発に働き、全身の骨は2~5年のうちに入れ替わります。
の代謝を促すスイッチとなるのが、ジャンプのようにに強い負荷をかける動きです…

ペンちゃん便り 4月号

イメージ
暖かくなって、ワクワクしている一号菅原です。

スポーツ観戦(特に野球、ゴルフ、サッカーなどの球技)が大好きな私にとって、
本当に楽しい季節がやってきました。

そんな中、先月3月21日にメジャーリーガーのイチロー(鈴木一郎)さんが引退しました。
皆様の中にもファンの方はたくさんいると思いますが、私も彼の大ファンです。

最初のきっかけは阪神大震災の前年1994年、
プロ野球史上初の
・シーズン200本安打
を達成し、
・首位打者
・ベストナイン
・ゴールデングローブ賞
等もとり、
史上最年少の21歳で
・MVP
を獲得した時のインタビューでの一言

「ファンに喜んでもらう為に野球をしています」

高卒3年目にしては大人だなぁと感動したのを覚えています。

その翌年、阪神大震災の年、イチロー自身も神戸の寮で被災しチームは
「がんばろうKOBE」
を合言葉にスタートし、
イチローは復興のシンボル的存在として
首位打者
等、
五冠王
に輝き、2年連続の
MVP
を獲得しました。

チームも優勝して、その時のインタビューでも
「ファンの人と喜びを分かち合えて本当に嬉しいです」
と答えています。

その頃、私は32歳で国分町を飲み歩いていました。
お恥ずかしい(^_^;)

引退会見での

「少しづつの積み重ねを地道に続けていくことが正解ではないかもしれませんが、
遠回りをする事でしか、本当の自分に出会えない気がしているので、
信じて重ねてきました」

本当にすばらしい。
私ももう少し努力を重ねていこうと思った会見でした。
お疲れ様です。

ペンちゃん1号