投稿

こころとからだに自然の力 ~究極の健康法「食養生」~

あけましておめでとうございます。
令和最初のお正月、新たな一年がスタートしました。
今年もお健やかに日々をお過ごしになれますよう漢方の知恵を暮らしに活かしましょう。

お陰様で銀座店は今年40周年を迎えます。


漢方に魅せられ、
漢方を志し、
漢方を愛したこの40年の間には

楽しいこと、嬉しいこともたくさんありました。
つらいこと、悔しいこと、悲しいこともありました。
涙したことも幾度となくありました。

一つひとつの出来事が、
お一人おひとりとの出逢いが、
かけがえのないものとなって今に繋がっております。

開店以来継続していらしてくださっているお客様もいらっしゃいます。
何年かぶり、中には10年ぶり、20年ぶりに
思い出してお見えになられる方もいらっしゃいます。
本当に有難いことと思っております。

お客様をはじめメーカーさん、問屋さん、配送業者さんなどの取引先様、
数多くのスタッフなど本当に数えきれない多くの方々に支えられて
今年を迎えられましたことを幸せに感じております。 


心より感謝いたします。
ありがとうございます。

困ったことがあったら言ってください。
苦しいことがあったら話してください。
楽しいことがあったら聞かせてください。



銀座の片隅で、
「一隅を照らす」ことができますよう
これからも一人でも多くのご縁のある方々に寄り添ってお役に立てますよう、
精進して参ります。

今月の漢方教室究極の健康法「食養生」
○「病気」とは体からの警告反応 「病気」とは現在の生活が自分の体質に合っていないという、いわば“警告反応”です。
病気になるとみなさん薬を飲みます。
多くの方が薬さえ飲んでいれば病気は治るものだと思っています。
そして、今まで通りの生活を続けます。

冷たいものや脂ものをたくさん飲食する。
お菓子ばかり食べる。
酒を飲む。
夜更しはするし、運動はしない…。

これでは治らないばかりか、どんどん病気は悪くなってしまいます。

自分の体は、現在食べている食べ物によって作られています。
体に合った良い食べ物を食べれば、良い、丈夫な体が作られるし、
体に合わない悪い物ばっかり食べていると、ますます悪い、弱い体になっていきます。

例えば、
脳も体の一部ですので、食習慣が頭の良し悪しにまで影響を与えてしまうのです。

○体質に合わせた食べ物をとる「食養生」 東洋医学には、生まれつき…

ペンちゃん便り 1月号

イメージ
あけましておめでとうございます。 皆様にとって明るく健康で楽しい一年でありますように 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年の個人的イベントは孫の小学校入学です。


ついこのあいだまで、
ヨチヨチ歩きだった孫が
ランドセル背負って学校に行くなんて、
本当にあっという間でびっくりです。




孫の将来なりたいものは「警察官」と言ってます。

「悪い人を捕まえて、牢屋に入れる。
そして、みんなを守る」

とまじめな顔で話してくれました。
ヒーローものの影響大かな?

私はというと、
こう見えても小学校1~2年生時の知能指数テストで、スゴイ点数をとり、
学校から間違いかもと思われ、学年で私だけもう一度テストを受けた記憶があります。

その時は父も学校によばれ「神童かも」と言ってましたが、
高校受験時には父から「玉磨かざれば光なし」と言われ、
自分に超甘い私は結局ただの人になったという事です。(_ _ |||)

やはり努力って大事ですね。
気がついたのは40歳過ぎでした。

孫も元気いっぱいで健康に過ごし、
少しでも世の中のお役に立ってくれればと思う1号です。



また、東京オリンピックですが、前回は1才でしたので記憶にありませんが、
2020東京オリンピックは日本選手の活躍に期待がふくらみます。
個人的には野球、ゴルフ、バトミントン等がきになりますね。



ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~健康寿命を伸ばすために~

イメージ
12月、
冬の空気は乾燥しやすく肌もかさつく季節となりました。

特に室内では暖房器具の使用により湿度が下がり、
皮膚や粘膜あるいは呼気から気づかぬうちに身体の水分が失われていきます。
また、冬場は夏場に比べて汗をかくことが少ないため、
積極的に水分補給することが少なくなり、水分不足になる可能性があります。
さらに身体の水分は夜寝ている間にも失われているため、
寒いからと暖房器具をつけたまま寝ていると、
脱水症状を引き起こしてしまう恐れもあります。



脱水症状になると
・手先などの皮膚がカサカサする
・口の中が粘る
・身体がだるくやる気や活力が低下する
などの症状や、
ひどい時にはめまいや立ちくらみが起こります。


軽度の脱水を放置していると、
血管や内臓、脳などを正常に動かすために必要な酸素や栄養素が行き渡らず、
思わぬ病気につながる恐れや命に関わる場合もあります。

脱水状態になると、
手の甲をつまんで離し元の状態に戻るまで三秒以上かかるか、
爪を圧して爪の色が白からピンク色に戻るまで三秒以上かかります。
時々自分でチェックするようにしましょう。

脱水を予防するには、
室内の湿度を50から60%前後に保つように加湿器を使用したり、
濡れタオルを干したりして、室内が乾燥しないように心がけましょう。
のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給を行い、
寝る前にはコップ一杯の水分を摂りましょう。

年の瀬を迎え、何かと慌ただしい毎日をお過ごしのことと思いますが、
お健やかに穏やかな新年を迎えられますよう心よりお祈りいたしております。

今年も一年間 ありがとうございます。


今月の漢方教室健康寿命を伸ばすために

○介護されない生活を送るために
1963年には100歳以上人口は153人だったのが、
2017年には6万8千人迫る勢いで増加しています。

しかし大事なのは、長く生きることよりも
死ぬまでトイレに一人で行けるなど、介護されない生活をすることが重要です。
フレイルやサルコペニア、認知症など、
健康寿命を延ばすためのキーポイントをお伝えします。




○フレイル
虚弱(FRAILTY)→フレイルとは、
加齢とともに筋力や認知機能などが低下し、
生活機能障害・要介護状態になり、
死亡などの危険性が高くなった状態(虚弱)のことです。

フレイルの要因には、
・運動機能の低下や低栄養などの「身体面」
・認知症やう…

ペンちゃん便り 12月号

イメージ
今年もペンちゃんだよりをお読みいただき、ありがとうございます。

いつも嫁さんに苦労をかけているので、
先月久々に二人で遠刈田温泉「大忠」さんにお世話になってきました。

二人で出掛けるのは、昨年の7月以来で、温泉となると4~5年前の松島以来です。

「大忠」さんは遠刈田温泉で唯一、
加温加水のない100%源泉掛け流しの旅館で、150年以上の歴史ある老舗です。

老舗のレトロ感の中に斬新さがある
アットホームなぬくもりを感じる旅館で、
また行きたくなる要素がいっぱいです。



まず、食事が美味しく、夕食は和洋折衷のフルコース。
浴衣でおしゃれなレストランの食事を楽しみました。
朝食もバイキング形式ではなく、
ひと手間かけたこだわりの朝食で、
ほとんどの食材が県内産ということにも感激しました。


お風呂も4つあり、そのうち2つが家族風呂で、
全て入浴しました。
もちろん源泉掛け流しで、
それぞれに風情があり、
リラックスした時間を過ごしました。


日常のストレスでカサついた心を潤し癒やしてくれるスタッフの方々の気配りもあり、
大満足でした。
嫁さんにも喜んでもらい、ハッピーでした。

「大忠」さんは、またお世話になりたいと思う宿で、リピーターが多いのもうなずけます。

当社スタッフにお土産を買った
「女将の温泉たまご」
が絶品で皆に好評で、
またすぐ買いに行きたくなる程の美味さです。




帰りには自家製パンのお土産も頂き、嬉しいサプライズでした。
「大忠」さん、ありがとうございます。


ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~更年期を快適に~

イメージ
11月、
秋は本来は暑さも治まり、空気も澄んで1年で一番心地いい季節のはずですが、
今年の秋は立て続けに来た台風や豪雨による河川の氾濫や土砂崩れなど水害、災害の多い秋でした。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧、復興をお祈りいたします。





この一連の台風や豪雨の際、ニュースやネットなどから情報を得たら、
早めに決断して避難することがいかに重要かを思い知らされました。

また日頃からの備えも大切です。

台風の前日に、鉄道各社が計画運休を予定し、
百貨店やコンビニエンスストアも休業を決めたところが多くありました。
そのため、前日、近所のスーパーやコンビニでは空の棚が目立ち、
水や食料品、電池などが売り切れになっていました。

その時になって慌てて買おうと思っても手にできなかった方も多くいらしたようです。
備蓄できる水や缶詰などの非常食、懐中電灯やランタンなどのライト、ラジオ、乾電池など日頃から備えておくことが大切ですね。

私の自宅でも停電はなかったものの、暴風のためか突然テレビが映らなくなりましたが、
ラジオで情報を得ることができて、ほっといたしました。

50年に1度の特別警戒が毎年のように出されていることをおもいますと、
今後もこのような、あるいはこれまで以上の気象災害に見舞われる可能性が
高いと思われます。

ニュースで「命を守る行動を」といわれますが、
いち早く避難することが本当に大切です。

ご家族と一緒にお住まいの方はご家族皆様で、
一人住まいの方はご自身で
非常時の行動について、平穏な時によく話し合って決めておかれると良いでしょう。


今月の漢方教室
更年期を快適に過ごすために
更年期とは、主に女性が閉経に伴う女性ホルモンのアンバランスによって、
心身両面にわたってさまざまな身体の不調(不定愁訴)がみられる時期をいいます。

自立神経失調症も女性ホルモンのアンバランスが関与しているため、
身体の不調をきたす点では共通しているといえます。

○なぜ、更年期があるのでしょう。 人間の身体は成熟期(20-45歳位)をピークに徐々に老化していきますが、
生死に関わる度合いが少ない臓器から老化が始まるといわれます。
女性の場合、最初に卵巣、次に甲状腺や副甲状腺、膵臓の順に老化が現れます。
更年期は卵巣機能が急激に低下して、女性ホルモンの量が減少して起こるのです。

○…

ペンちゃん便り 11月号

イメージ
こんにちは
会員の皆様、いつもお世話になっております。

秋も深まって鍋が美味しく感じる季節になり、
週5日は鍋の1号です。
おかげさまで体重もキープできています。


さて、先月は台風19号が各地で甚大な被害をもたらしました。
千葉や福島、宮城県南部など、まだ復興されていないのが現状です。
私の知人、友人、親戚も被害に遭い、とても他人事とは思えませんでした。
本当に自然災害の恐ろしさを改めて実感し、
今の当り前の生活に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

被害に見舞われた方々の1日でも早い復興をお祈り申し上げます。

ところで、
10月14日にお客様からご招待券をいただき
川内萩ホールで行われたコンサートに行ってきました。
コンサートなんて何年ぶりでしょう!

50名以上での男女混合コーラスコンサート
合唱団の皆さんは私よりも年上の方ばかりでしたが、
声量といい、声の艶といいプロ顔負けの歌唱力
すばらしかったです。
歌で感動する事なんて久々でした。

これを歌う為の練習を想像すると、
すごい努力が必要だろうなぁと思いながら聴いていました。


実はその合唱団の中にお客様ご夫婦がおられて、
年を重ねてもご夫婦で同じ趣味があって、
コンサートまで出来ることを羨ましく思う1号でした。

嫁さんゴルフしてくれないかなぁ~!


最後に
ラグビーワールドカップ優勝国当てクイズ、皆さんいかがでしたか?

南アフリカと記入して投票したお客様、おめでとうございます。

2店合計128通の投票中、
10名様的中でした。

抽選の結果は、各店にて発表しております。
是非お店で確認してくださいね。


ペンちゃん1号

こころとからだに自然の力 ~季節の変わり目の養生法~

イメージ
10月、
吹く風や虫の声、空の色、雲の形などに秋の気配が感じられるようになりましたが、
台風の影響もあって季節外れの暑さが続いております。

暑い夏が終わり、季節が秋へと変わるこの時期は、急激な血圧の上昇に注意が必要です。

季節と血圧は直接関係がないようにも思えますが、
一般的に血圧は夏に下がり、冬に上がります。

特に季節の変わり目は自立神経が乱れやすく血圧の変動が大きいといわれ、
体調不良に悩まされる人もいます。

高血圧の怖いところは、ほとんど自覚症状がないため、
きちんと治療を受けていない人が多い点です。

ある調査では、高血圧有病者数の約6割しか治療を受けておらず、
さらにその内の半数は十分な降圧が行えていないという結果があります。

高血圧であるにもかかわらず、治療を開始しなかったり、
そのまま様子をみたり放置してしまうと、
心血管疾患や、腎臓病の発症率が上がるという報告があり、命に関わることもあります。どのくらい血圧をさげればいいのかというと、
高血圧の基準は
診察室血圧で、上が140、下が90です。
家庭血圧で、上が135、下が85です。

今年の4月に5年ぶりに高血圧ガイドラインが改訂され、
合併症のない
75歳以下の降圧目標は130/80未満、
75歳以上の高齢者は140/90未満と、
それぞれ強化されています。

血圧を測った時に高いようであれば、早め早めにご相談ください。

食事や運動のほか、漢方薬、循環元などのサプリメントの活用も効果的です。

今月の漢方教室季節の変わり目の養生法 夏バテが残る季節です。
欠食や食事量が低下していませんか?
健康といえば、食、運動、睡眠といいますが、今はストレスも入れて、
「健康の4つの大きな要因です」

その中でも、「食べること」は基本になります。

医療の現場では、食事ができなくなると、こんな方法で栄養を補給します。
1)点滴で栄養を補給する方法(中心静脈栄養)
口からの食事ができない、意識がない人などです。
2)胃に穴を開けてチューブで栄養を送る方法(胃瘻)
口からの栄養補給が難しく、意識はあっても寝たきりの人。
   今後の回復が難しい人などです。
3)鼻から管を入れて栄養を補給する方法(経管栄養)
口からの栄養補給が難しく、意識はあっても寝たきりの人。
   今後回復の可能性がある人などです。
4)口から消化の良い食物を食べる。

1)の方法…