投稿

12月, 2019の投稿を表示しています

こころとからだに自然の力 ~健康寿命を伸ばすために~

イメージ
12月、
冬の空気は乾燥しやすく肌もかさつく季節となりました。

特に室内では暖房器具の使用により湿度が下がり、
皮膚や粘膜あるいは呼気から気づかぬうちに身体の水分が失われていきます。
また、冬場は夏場に比べて汗をかくことが少ないため、
積極的に水分補給することが少なくなり、水分不足になる可能性があります。
さらに身体の水分は夜寝ている間にも失われているため、
寒いからと暖房器具をつけたまま寝ていると、
脱水症状を引き起こしてしまう恐れもあります。



脱水症状になると
・手先などの皮膚がカサカサする
・口の中が粘る
・身体がだるくやる気や活力が低下する
などの症状や、
ひどい時にはめまいや立ちくらみが起こります。


軽度の脱水を放置していると、
血管や内臓、脳などを正常に動かすために必要な酸素や栄養素が行き渡らず、
思わぬ病気につながる恐れや命に関わる場合もあります。

脱水状態になると、
手の甲をつまんで離し元の状態に戻るまで三秒以上かかるか、
爪を圧して爪の色が白からピンク色に戻るまで三秒以上かかります。
時々自分でチェックするようにしましょう。

脱水を予防するには、
室内の湿度を50から60%前後に保つように加湿器を使用したり、
濡れタオルを干したりして、室内が乾燥しないように心がけましょう。
のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給を行い、
寝る前にはコップ一杯の水分を摂りましょう。

年の瀬を迎え、何かと慌ただしい毎日をお過ごしのことと思いますが、
お健やかに穏やかな新年を迎えられますよう心よりお祈りいたしております。

今年も一年間 ありがとうございます。


今月の漢方教室健康寿命を伸ばすために

○介護されない生活を送るために
1963年には100歳以上人口は153人だったのが、
2017年には6万8千人迫る勢いで増加しています。

しかし大事なのは、長く生きることよりも
死ぬまでトイレに一人で行けるなど、介護されない生活をすることが重要です。
フレイルやサルコペニア、認知症など、
健康寿命を延ばすためのキーポイントをお伝えします。




○フレイル
虚弱(FRAILTY)→フレイルとは、
加齢とともに筋力や認知機能などが低下し、
生活機能障害・要介護状態になり、
死亡などの危険性が高くなった状態(虚弱)のことです。

フレイルの要因には、
・運動機能の低下や低栄養などの「身体面」
・認知症やう…

ペンちゃん便り 12月号

イメージ
今年もペンちゃんだよりをお読みいただき、ありがとうございます。

いつも嫁さんに苦労をかけているので、
先月久々に二人で遠刈田温泉「大忠」さんにお世話になってきました。

二人で出掛けるのは、昨年の7月以来で、温泉となると4~5年前の松島以来です。

「大忠」さんは遠刈田温泉で唯一、
加温加水のない100%源泉掛け流しの旅館で、150年以上の歴史ある老舗です。

老舗のレトロ感の中に斬新さがある
アットホームなぬくもりを感じる旅館で、
また行きたくなる要素がいっぱいです。



まず、食事が美味しく、夕食は和洋折衷のフルコース。
浴衣でおしゃれなレストランの食事を楽しみました。
朝食もバイキング形式ではなく、
ひと手間かけたこだわりの朝食で、
ほとんどの食材が県内産ということにも感激しました。


お風呂も4つあり、そのうち2つが家族風呂で、
全て入浴しました。
もちろん源泉掛け流しで、
それぞれに風情があり、
リラックスした時間を過ごしました。


日常のストレスでカサついた心を潤し癒やしてくれるスタッフの方々の気配りもあり、
大満足でした。
嫁さんにも喜んでもらい、ハッピーでした。

「大忠」さんは、またお世話になりたいと思う宿で、リピーターが多いのもうなずけます。

当社スタッフにお土産を買った
「女将の温泉たまご」
が絶品で皆に好評で、
またすぐ買いに行きたくなる程の美味さです。




帰りには自家製パンのお土産も頂き、嬉しいサプライズでした。
「大忠」さん、ありがとうございます。


ペンちゃん1号