投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

こころとからだに自然の力 ~究極の健康法「食養生」~

イメージ
あけましておめでとうございます。
令和最初のお正月、新たな一年がスタートしました。
今年もお健やかに日々をお過ごしになれますよう漢方の知恵を暮らしに活かしましょう。

お陰様で銀座店は今年40周年を迎えます。


漢方に魅せられ、
漢方を志し、
漢方を愛したこの40年の間には

楽しいこと、嬉しいこともたくさんありました。
つらいこと、悔しいこと、悲しいこともありました。
涙したことも幾度となくありました。

一つひとつの出来事が、
お一人おひとりとの出逢いが、
かけがえのないものとなって今に繋がっております。

開店以来継続していらしてくださっているお客様もいらっしゃいます。
何年かぶり、中には10年ぶり、20年ぶりに
思い出してお見えになられる方もいらっしゃいます。
本当に有難いことと思っております。

お客様をはじめメーカーさん、問屋さん、配送業者さんなどの取引先様、
数多くのスタッフなど本当に数えきれない多くの方々に支えられて
今年を迎えられましたことを幸せに感じております。 


心より感謝いたします。
ありがとうございます。

困ったことがあったら言ってください。
苦しいことがあったら話してください。
楽しいことがあったら聞かせてください。



銀座の片隅で、
「一隅を照らす」ことができますよう
これからも一人でも多くのご縁のある方々に寄り添ってお役に立てますよう、
精進して参ります。

今月の漢方教室究極の健康法「食養生」
○「病気」とは体からの警告反応 「病気」とは現在の生活が自分の体質に合っていないという、いわば“警告反応”です。
病気になるとみなさん薬を飲みます。
多くの方が薬さえ飲んでいれば病気は治るものだと思っています。
そして、今まで通りの生活を続けます。

冷たいものや脂ものをたくさん飲食する。
お菓子ばかり食べる。
酒を飲む。
夜更しはするし、運動はしない…。

これでは治らないばかりか、どんどん病気は悪くなってしまいます。

自分の体は、現在食べている食べ物によって作られています。
体に合った良い食べ物を食べれば、良い、丈夫な体が作られるし、
体に合わない悪い物ばっかり食べていると、ますます悪い、弱い体になっていきます。

例えば、
脳も体の一部ですので、食習慣が頭の良し悪しにまで影響を与えてしまうのです。

○体質に合わせた食べ物をとる「食養生」 東洋医学には、生まれつき…

ペンちゃん便り 1月号

イメージ
あけましておめでとうございます。 皆様にとって明るく健康で楽しい一年でありますように 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年の個人的イベントは孫の小学校入学です。


ついこのあいだまで、
ヨチヨチ歩きだった孫が
ランドセル背負って学校に行くなんて、
本当にあっという間でびっくりです。




孫の将来なりたいものは「警察官」と言ってます。

「悪い人を捕まえて、牢屋に入れる。
そして、みんなを守る」

とまじめな顔で話してくれました。
ヒーローものの影響大かな?

私はというと、
こう見えても小学校1~2年生時の知能指数テストで、スゴイ点数をとり、
学校から間違いかもと思われ、学年で私だけもう一度テストを受けた記憶があります。

その時は父も学校によばれ「神童かも」と言ってましたが、
高校受験時には父から「玉磨かざれば光なし」と言われ、
自分に超甘い私は結局ただの人になったという事です。(_ _ |||)

やはり努力って大事ですね。
気がついたのは40歳過ぎでした。

孫も元気いっぱいで健康に過ごし、
少しでも世の中のお役に立ってくれればと思う1号です。



また、東京オリンピックですが、前回は1才でしたので記憶にありませんが、
2020東京オリンピックは日本選手の活躍に期待がふくらみます。
個人的には野球、ゴルフ、バトミントン等がきになりますね。



ペンちゃん1号