投稿

10月, 2019の投稿を表示しています

こころとからだに自然の力 ~季節の変わり目の養生法~

イメージ
10月、
吹く風や虫の声、空の色、雲の形などに秋の気配が感じられるようになりましたが、
台風の影響もあって季節外れの暑さが続いております。

暑い夏が終わり、季節が秋へと変わるこの時期は、急激な血圧の上昇に注意が必要です。

季節と血圧は直接関係がないようにも思えますが、
一般的に血圧は夏に下がり、冬に上がります。

特に季節の変わり目は自立神経が乱れやすく血圧の変動が大きいといわれ、
体調不良に悩まされる人もいます。

高血圧の怖いところは、ほとんど自覚症状がないため、
きちんと治療を受けていない人が多い点です。

ある調査では、高血圧有病者数の約6割しか治療を受けておらず、
さらにその内の半数は十分な降圧が行えていないという結果があります。

高血圧であるにもかかわらず、治療を開始しなかったり、
そのまま様子をみたり放置してしまうと、
心血管疾患や、腎臓病の発症率が上がるという報告があり、命に関わることもあります。どのくらい血圧をさげればいいのかというと、
高血圧の基準は
診察室血圧で、上が140、下が90です。
家庭血圧で、上が135、下が85です。

今年の4月に5年ぶりに高血圧ガイドラインが改訂され、
合併症のない
75歳以下の降圧目標は130/80未満、
75歳以上の高齢者は140/90未満と、
それぞれ強化されています。

血圧を測った時に高いようであれば、早め早めにご相談ください。

食事や運動のほか、漢方薬、循環元などのサプリメントの活用も効果的です。

今月の漢方教室季節の変わり目の養生法 夏バテが残る季節です。
欠食や食事量が低下していませんか?
健康といえば、食、運動、睡眠といいますが、今はストレスも入れて、
「健康の4つの大きな要因です」

その中でも、「食べること」は基本になります。

医療の現場では、食事ができなくなると、こんな方法で栄養を補給します。
1)点滴で栄養を補給する方法(中心静脈栄養)
口からの食事ができない、意識がない人などです。
2)胃に穴を開けてチューブで栄養を送る方法(胃瘻)
口からの栄養補給が難しく、意識はあっても寝たきりの人。
   今後の回復が難しい人などです。
3)鼻から管を入れて栄養を補給する方法(経管栄養)
口からの栄養補給が難しく、意識はあっても寝たきりの人。
   今後回復の可能性がある人などです。
4)口から消化の良い食物を食べる。

1)の方法…

ペンちゃん便り 10月号

イメージ
食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋 等々
皆様はどんな秋を楽しんでますか?


私はスポーツの秋を楽しんでます。
9月には大好きなゴルフで所属クラブの月例競技会で優勝しました。
運も良かったと思います。



さて、ラグビーワールドカップですが、日本代表、頑張ってますね。
特に世界ランク2位のアイルランド戦は鳥肌モノでした。
サモア戦も最後まで諦めずにプレーして勝点5を獲得、
本当に感動してテレビの前で
「ガッツポーズ」
涙腺うるうるです。

試合ごとに色々な選手がヒーローになり、
日本代表が一つになり頑張っている姿は、
人々を感動させて、心を一つにしてくれたと思います。
ラグビー日本代表「ありがとう」

そこで、ラグビーワールドカップ優勝国予想クイズをやります。

詳しくは今月の封筒の中に応募用紙を
同封しておりますのでご覧ください。
たくさんのご応募お待ちしております。





最後にもう一泣き!

孫の幼稚園の運動会で、年長クラスの孫は最後の運動会です。
ダンスにかけっこ等、頑張って無事やっていました。
最終プログラムは年長クラス対抗リレーで、
全員参加になっているので、もちろん孫も参加します。
情報では練習の時は一度も孫のチームは勝った事がなく、
本人や娘たち、私も負けるだろうと思っていました。
案の定、途中で逆転されましたが、最後の最後に再逆転勝利!


まるでオリンピックのリレーのような大興奮で感極まって涙腺崩壊。
孫や娘たち、妻に見られるのが恥ずかしいので
園庭の外へ逃げるように移動した1号でした。
あー感動して、良かった。


ペンちゃん1号