投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

こころと身体に自然の力〜急増している「糖尿病」〜

イメージ
六月、あじさいの花が雨にぬれてきれいに咲く季節となりました。

湿度が高くなりますと、体が重だるく感じる方も多いと思いますが、妙に疲れやすくなったり、食べているのに痩せてきたりした場合には、糖尿病の疑いがあります。



糖尿病は「血糖値が正常よりも高い状態が長く続く疾患」ですが、初期のうちはほとんど何も症状がなく、ごく普通の健康な人と変わりなく見えます。
糖尿病がサイレントキラーといわれる理由です。

一般的に糖尿病の体からの合図として、次のような症状が挙げられます。

無性にのどが渇くようになった多尿、頻尿、夜尿異常に汗をかく甘い物を好んで食べる多く食べているのに疲れやすく、痩せてきてだるい皮膚がかゆくなる手足の先がしびれたり、目がかすむ こうした症状が現れた場合は、糖尿病が進行している可能性があります。
早急に病院での検査をお奨めします。



空腹時の血糖値が110未満は正常で安心ですが、110から125の場合は、糖尿病予備群で要注意です。126以上の場合は糖尿病域で赤信号になります。
またグリコヘモグロビンAlcは、過去3ヶ月間の血糖値を反映する検査項目で、6未満なら正常ですが、6以上の場合は要注意、9以上の場合は危険な値といえます。

糖尿病はそのまま放置しておきますと、手遅れになって全身の血管や細胞が障害されて恐ろしい合併症を引き起こします。
治療法はインスリンの働きを良くして、高い血糖値を正常な範囲にコントロールすることが第一です。
今月の漢方教室急増している糖尿病 糖尿病を患う人が急激に増えています。
日本人には糖尿病になりやすい体質の人が多かったり、食生活をはじめとする生活習慣の変化が背景にあります。血糖値が高すぎるとさまざまな合併症を引き起こすのが、糖尿病の怖いところです。毎日の生活から予防を心がけましょう。

◇糖尿病って? 糖尿病は、インスリンの分泌や作用が低下して、ブドウ糖を体内に十分に取り込むことができなくなって起こる病気です。
健康な場合は通常、口から入ったご飯やパンなどの炭水化物は胃や小腸で消化され、ブドウ糖として血管内に吸収されます。
そして、ブドウ糖は血液によって肝臓に運ばれ、血糖値が上昇するわけですが、血糖が過剰にならないよう、膵臓からインスリンが分泌されます。
このインスリンの作用によって体内にブドウ糖が取り込まれ、消費されたり蓄積されたりするのです…