こころとからだに自然の力 ~夏の低栄養に要注意~

9月は夏の疲れも出て1年で一番疲れやすい月ともいわれています。
夏バテなさっていらっしゃいませんか?

今年の夏は昨年の猛暑が続いた夏と比べると、楽だったと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。
8月下旬には秋雨前線の影響で気温が下がり過ごしやすくなりました。
熱帯夜からも解放されて、夜もよく眠れるようになりました。

一方で、夏の疲れが出て、だるくてどうしようもないという方もいらっしゃいます。
夏の疲れ、だるさにはアミノ酸補中益気湯がお奨めです。

また、熱中症や脱水予防で水分を過剰に飲んでしまったり、湿度の高い日が多いため、湿の影響を受けて、重だるさや眠気がつよく、気がつくといつの間にか眠ってしまっているという方も多くみられます。
こちらは身体の中に余分な湿を抱えていることが原因です。

もし、食欲不振や腹痛、軟便下痢などの胃腸症状もある場合は、藿香正気散六君子湯参苓白朮散などが宜しいでしょう。

むくみや吐き気などがある場合は、五苓散胃苓湯紫苓湯が効果的です。

10月1日から消費税率が変更されることに伴って軽減税率なるものが発生し、
その処理方法などに悩まされている方も多いようです。
こちらは脳疲労になりますので、プラズマローゲンローヤルゼリーがお奨めです。

症状に合わせてご紹介しますので、ご相談ください。

今月の漢方教室

夏の低栄養に要注意

○夏のだるさはどうして起こるの?
・暑さが原因
暑さによって多量に汗をかくため、水分補給しようと水分を摂りすぎ、胃液が薄まって胃の機能が低下します。
また暑さで夜眠れなくなると睡眠不足に陥り、疲労感がたまります。

・冷房が原因
冷房の効きすぎによる身体の冷え、さらに外気との大きな温度差に身体がついていけなくなり、自律神経が失調状態になり、だるさが起こります。

○だるさや疲労感のメカニズムは?
夏場のだるさや疲労感の原因には、
胃腸の機能低下による栄養不足や
糖質の摂りすぎによるビタミン不足
のほかに次のようなものがあります。

・多量の汗をかくと、血管内の水分が減って「血管内脱水」が起こります
すると血液の濃度が高まり、血液がドロドロの状態になり、
スムーズに全身を循環できなくなって老廃物がたまります。

暑さによって多量の汗をかく

血管内脱水が起こり、水分が減って血液がドロドロに

血液が円滑に全身を回らない

だるい



・自律神経は、
日中の活動時間は「交感神経」が優位に働き、
夜間は「副交感神経」が優位に働き、身体を調整しています。
しかし、冷房で自律神経が乱れると夜間も交感神経が優位のまま、緊張状態が続き、
1日中リラックスできず心身が疲労状態に陥ります。


冷房にあたり過ぎる

交感神経が1日中働き、緊張状態が続く

夜もリラックスできない




○食欲がない時はどうすればよいの?
食欲がない時も、少量で良いので3食摂るようにしましょう。
食欲を出すためには味付けはもちろん、見た目や香りなど五感に訴える食卓の演出を。
・食欲をそそる味の工夫を
山椒・わさび・生姜・紫蘇・かんきつ類・酢の物・梅干し(魚の梅干し煮)
など工夫しましょう。
食欲がない時、疲労感が強い時はどは、サプリメントを活用して栄養補給するのも一つの方法です。

○「食べられない…」は夏バテのサインです
夏の食欲不振はタンパク質不足。極度の疲労や筋力低下につながってしまいます。
厳しい暑さが続くと疲れを感じることが増えてきませんか?
原因は「夏の低栄養」なのです。
暑さにより食欲が低下すると食事量が減り、
筋肉を作るのに必要なタンパク質が不足した状態になってしまいます。
筋肉量が少なくなると身体への負担が激増し、疲労を感じやすくなってしまいます。
栄養不足の解決が夏に負けない体づくりの第一歩です。

○五大栄養素の中でも特にタンパク質が必要です
 タンパク質……………身体をつくる材料になる
 炭水化物や脂質………身体を動かすエネルギーになる
 ビタミンやミネラル…潤滑油のような役目をする
タンパク質は身体の組織そのものを作り上げています。
そのため、五大栄養素の中でも、特にタンパク質は充分に摂る必要があります。


○夏に負けない身体づくりには天然アミノ酸がお奨めです
私たちの身体は
 約65%の水分
 約16%のタンパク質
 約13%の脂肪その他
でできています。

胃腸や肝臓、心臓、血液、ホルモン、筋肉、骨格の主成分は
すべてタンパク質でできています。
肉や魚、卵などの食物からタンパク質をとる場合、
胃で胃酸によって消化され、
小腸で消化酵素によって消化されるなど
体内でいろいろな酵素の働きを受け
アミノ酸となります。
アミノ酸になってはじめて身体をつくる材料として使用されます。
身体の各組織タンパクアミノ酸により、常に作り替えられています。
アミノ酸が不足すると、その合成がうまくいかず、身体のトラブルの原因ともなります。

○体内で作ることができない必須アミノ酸
20数種類あるアミノ酸のうち特に重要なアミノ酸必須アミノ酸といいます。
バリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・トリプトファン・リジン・スレオニン・フェニルアラニン・ヒスチジン(ヒスチジンは幼児期のみ必須。大人は体の中で合成できます。)
この必須アミノ酸は体内で作ることができないため、
必ず毎日の食事でとる必要があります。

また必須アミノ酸は9種類を同時にそろった形でとることが重要です。
必須アミノ酸は1つでも不足するとバランスをくずし、
身体タンパクの合成能力が著しく低下します。
そのため、バランスよく摂取することが大切なのです。

○ビイレバー・ビイレバーキングをお奨めします

・胃腸虚弱
胃腸の弱い人に。
主成分のアミノ酸が穏やかな効き目で胃腸を丈夫にします。
・肉体疲労
身体が疲れやすい、身体の疲れが残りがちという人に。
新陳代謝を活発にし、肉体疲労を和らげます。
・虚弱体質
体が弱く病気がち、病後の体力回復が遅いという人に。
滋養強壮剤として次第に体を丈夫にします。
・血色不良
血色の悪い人に。
アミノ酸の造血・浄血作用により、低下した身体の機能を高めていきます。
・冷え性
手足や腰が冷えてつらいという冷え性の人に。
血流を改善し冷え性を和らげます。
・食欲不振
食欲のない人、食べても太れない人に。
胃腸を丈夫にして食欲をつけていきます。

ビイレバービイレバーキングは、哺乳動物(ウシ)の肝臓から大切な栄養分を損なわないように抽出した肝臓全体のエキスを始め、強壮生薬のニンジン、代謝に働く各種ビタミン及びタウリンなどを配合した滋養強壮保健薬です。
温かく消化のよい良質のタンパク質を多く摂り、充分な休息・睡眠が大切だとわかっていても、なかなか思うようにとれない時には、天然のアミノ酸で、速効性もありとても心強い味方となってくれます。
疲れ果ててしまった時に、是非お試しになってその効果を実感してください。



漢方相談 ペンギン薬局 公式WEBサイト https://penguin-kanpo.com/
営業時間 10:00~19:00 定休日 12/31・1/1

☆ドラックペンギン一番町店
 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目3-20  
 TEL:022-217-3767

☆ドラックペンギン北四番丁店
 〒980-0801 宮城県仙台市青葉区木町通2丁目1-55第八丸昌興業ビル 1F  
 TEL:022-275-6885


コメント

このブログの人気の投稿

ペンちゃん便り 2月号

ペンちゃん便り 7月号

ペンちゃん便り 1月号